ビットコインで儲ける3つの方法

仮想通貨バブル到来!といわれている仮想通貨仮想通貨業界。ネットでビットコインのことを調べると億万長者が続出』『短期間で数百倍の価値になった』なんて夢のような話がわんさか出ています。これらの話は事実なので、ビットコインで資産を作った人はたくさんいます。どうすれば

今回はビットコインが本当に儲かるのかどうかについてお伝えしていきたいと思います。

 

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨とはビットコインに代表される、インターネットが世界に普及したことで誕生した新時代の通貨革命だといわれています。今までは日本円や米ドルなど、国が保証したお金が基本になっていましたが、国境という既成概念すら破り、今後さらに大きな経済活動を実現する可能性を秘めています。

儲け方その ①

キャピタルゲインを得る capital gain

買ったら放置して上がるのを待って鬼ホールド

キャピタルゲインとは、株式や債券など、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。
例えば、30万円でビットコインを購入して50万円になったときに売却した場合、差額20万円から購入経費等を差し引いた額がキャピタルゲインになります。

ビットコインは1ビット100万位まで上がるのではないかと言われていますので、そうだとすると今の価格50万円程度で購入したとしても倍になるの計算です。50万円なんて出せないという方もご安心を!00.1や0.001ビットでも買えますので、5000円以上あれば可能です!

また、仮想通貨の場合はプレセール時期やICOに参加するなどの安い価格の時に購入し、価格が上昇したら売ることで、たくさんのキャピタルゲインを得ることができます。
(そのためには、今後価格が上昇する可能性のある暗号通貨を見極める必要がありますが。)

 

儲け方その ②

アービトラージ(arbitrage)
乗り替えで利益を!

取引用語で、さや取りとも言われる、 リスクの回避や抑制を目的として行われる取引手法の1つです。

各種のファンドや機関投資家も用いる売買手法のひとつで 2つの商品間や市場間に生じた一時的な価格差を利用して、売付取引と買付取引を同時に行う事により、低リスクで利益を得ようとする取引の事です。投資対象は、株式・債券・金利~商品・通貨にいたるまで、多くの金融商品がその対象となりますが、仮想通貨でも行うことが出来ます。

仮想通貨の価格が安い取引所は「買い」、価格が高い取引所で「売り」を出します。

使われているサイトは日本の取引サイト、コインチェックなどと、海外の取引サイトです。

コインチェックを初めとした日本の仮想通貨取引所は、あくまで日本人たちの売り買いで価格が決定されている節があるので、海外とは価格が異なる事があり、そな差額で儲けます。

(詳しくは、仮想通貨でアービトラージやってみた。をみてね。)

儲け方その ③

トレード。上下差で利益を!

トレードと言われるとFXを思い浮かべる方も多いのではないかと思いますが、仮想通貨でもトレードはできます。FXに入れていた資金を暗号通貨に移している方が続出するほど簡単で、儲かります。

なぜかというと、仮想通貨市場には投資未経験者のお金が多く入っているため、値動きが非常に単純でわかりやすく、少しでもチャート分析の経験があれば誰でも稼げます。

『ダウ理論』に従って『この抵抗線を上抜けたら上昇が加速するな』と判断して、直近の高値を更新したところで買っていくだけでも充分儲かります。株や為替だったら、『ダブルトップで反落するかも』といった懸念もありますが、暗号通貨のバブル相場ではそんな心配もないので、高値を恐れず買っていっていいのです。

(詳しくは、AIトレードに10万円いれてみたをみてね。)

まとめ

仮想通貨を貰う方法もありますので、
(発掘、アフィリエイトなど)貰ったビットコインで儲けるのも腹を痛めなくて良いですね!
株と違ってまとまったお金が無くても購入できるのも嬉しいですね。