超オススメ大型仮想通貨ICO「Orchid(オーキッド)」とは

押しも押されぬ仮想通貨の2大基軸通貨がビットコインとイーサリアムなのはご存知ですよね。

そのイーサリアムの共同創立者にして最高技術責任者のギャビン・ウッド博士が技術アドバイザーとして参画し、イーサリアムの元COOのアーロン・ブキャナン博士も「イーサリアムを超える!」と絶賛する仮想通貨があります。

その名も「Orchid(オーキッド)」。

Orchid(オーキッド)」はなんとあのセコイア・キャピタル、アンドリーセン・ホロヴィッツ、DFJという世界3大ベンチャーキャピタルがこぞって投資してる史上初の仮想通貨です。今回は「Orchid(オーキッド)」について解説します

セコイア・キャピタル (Sequoia Capital)とは?

セコイア・キャピタルといえば、運用資産が日本の国家予算の2倍(約183兆7178億円)もあり、アップル、グーグル、ヤフーなどを輩出した世界一のベンチャーキャピタル。1972年にドン・バレンタインによってカリフォルニア州のメンロパークにて設立されたました。

 

特にアップルの歴史はセコイヤの創設者ドン・ヴァレンタインとともにあり、映画『スティーブ・ジョブズ』でも何度となく登場しています。

 

アンドリーセン・ホロヴィッツとは?

アンドリーセン・ホロヴィッツはフェイスブック、ツイッター、インスタグラム、スカイプなどに出資してそれらを育て上げたことから「SNS企業の育ての父」とまで言われています。

 

DFJとは?

 

DFJは今をときめくイーロン・マスク率いる電気自動車のテスラモターズや宇宙事業で世界を牽引するスペースXに出資してきました。

DFJの「D」ことティモシー・ドレイパーはイーロン・マスクにとってかけがえのないパートナーで、テスラモーターズ、スペースX両社の役員でもあります。

 

 

 

そんな世界三大ベンチャーキャピタル全てが我先にと出資している

仮想通貨が「Orchid(オーキッド)」。

 

投資で成功するための「最短最速の道」とは?

 

話は変わりますが、投資で成功するための「最短最速の道」をご存知ですか?

例えば、株で絶対に成功できる方法があるのですが、わかりますか?

株の本や教材や塾で一生懸命勉強するなんて遠回りですよ。

では、どうすれば良いかというと、株で世界一稼いでいる人に何の銘柄を買っているかを聞いて、同じ銘柄の株を買います。

では、玉石混交、というか、95%は詐欺とも言われる仮想通貨のICO

将来性の高いものと、そうでないものを、あなたは自分の目で見極められますか?

アップル、グーグル、ヤフー、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、

スカイプ、テスラモーターズ、スペースXなどを見抜いてきた世界三大ベンチャーキャピタルが投資しているものと、

同じものを買えるチャンスがあるのであれば、私は絶対に買います。

 

 

Orchid(オーキッド)」の上場前入手方法は?

 

仮想通貨にもっとも影響力のあるブロックチェーン特化ファンドの

メタステイブル・キャピタルのCEOナヴァル・ラヴィカントさえもが

仮想通貨・ブロックチェーン情報サイトの最大手である「コインデスク」でのインタビューにおいて、

「最も有望で将来間違いなく表舞台に登場するICOORCHIDである」と断言している

究極の仮想通貨「Orchid(オーキッド)」。

オーキッドを欲しい方は

下記URL登録で上場前に入手、オーキッドの続報取得可能です。

こちらから登録